豚肩ロース・牛小腸・カリフラワーマッシュ・ほうれん草にんにくソースの低糖質ケトジェニックランチ

低糖質レシピを紹介しているゆうです。

低糖質の食事を取ると1日に必要な糖分より少なめの糖分を摂取することとなり、体は脂肪を燃やすケトジェネシスという状態に切り替わり、脂肪が燃えやすくなります。

僕は少し厳しめの1日20gで低糖質・ケトジェニックダイエットをしています。始める方は1日50gからスタートした方がいいかもしれません。

かなり脂肪を燃やすことができ、その他にも集中力が高まったり、食べたあとは眠くならなかったり、砂糖に目を向けなくなったりといろいろ健康状態がよくなっています。

豚肩ロース・牛小腸・カリフラワーマッシュ・ほうれん草にんにくソース

材料:

  • 豚肩ロース 170g 糖分: 0.2g
  • 牛小腸 100g 糖分: 0.1g
  • ナチュラルクリームチーズ 70g 糖分: 2.0g
  • にんにく 1個 糖分: 0.3g
  • ほうれん草 1束 糖分: 0.2g
  • カリフラワー 1/2 糖分: 3.0
  • 赤タマネギ 1/4 糖分: 1.5g
  • ギー 大さじ2
  • 塩 適量
  • 胡椒 適量
  • 牛脂 適量

合計糖分: 7.3g

(7.3 ÷ 20)% = 36.5%

1日に摂取する糖分の36.5%です。バランスがいいです。

合計で800円くらい。

豚肉は人間の体に必要なカリウムなどのミネラル、さらに筋肉や血液の生成を助けるビタミンB6などのビタミンに豊富です。また、油が美味しい。

 

牛小腸には肌の水分量うや弾力を高めてくれるコラーゲンが含まれており、老化の抑制にも効果的だと言われています。さらに、ビタミン12という赤血球を作るのに重要な成分も含まれており、エネルギーの代謝にも関わっている重要なビタミンです。

 

クリームチーズは栄養バランスに優れ、皮膚や髪の毛や爪などの維持に関わるビタミンB2も含まれているため美肌効果もあることが注目されています。

 

にんにくは交感神経を刺激し、末梢の血管を広げ、冷え性などを防ぐ効果があります。また、にんにくに含まれるスルフィド類は自然免疫と獲得免疫の両方の抗体を作り体の免疫力をよくしてくれます。

 

ほうれん草は免疫力を高めてくれるビタミンA,Eやβカロテンを多く含んでおり、食物繊維に豊富なこともあり便秘の予防や腸の排泄物をきれいに掃き出してくれる役割を持っています。

 

カリフラワーは低糖質・低カロリーでご飯の代わりのものとして注目されているだけではなく、ビタミンを多く含み免疫力を高める役割も持っています。また、不溶性食物繊維も多く含まれているため便通をよくします。

 

タマネギは栄養素が高いことで知られており、特に赤タマネギはアンチエイチング効果を持つアントシアニンがたくさんあります。また動脈硬化を防ぐ効果を持っており、生活習慣病予防にはとてもいいです。

 

ギーはインドで昔から使用されておりバターの水分を蒸発させて作ります。ビタミンAやビタミンEに豊富で、得に注目したいのは脂肪燃焼と消化機能を助ける中鎖脂肪酸が含まれていることです。アユルベーダという古典医学書でもギーの優れた効果についての説明があるほど体にいいらしいです。

作り方:

まずはほうれん草を水につけます。

砂を洗い流し、水を切ります。

 

 

 

たまねぎを切ります。あとからブレンダーにかけるので大きさは等しければいいです。

 

 

 

にんにくも等しいサイズで切っていきます。

 

 

 

 

たまねぎ、にんにく、ほうれん草の順に炒めていきます。

ほうれん草はすぐできるので最後の最後に炒めます。

 

 

 

炒め終えたらブレンダーにいれ、少しギーをいれます。

 

 

 

 

ブレンダーをかけます。

最初はパルスで一時的にブレンドをする感じです。

もし乾いていると思ったら少し水を入れます。

どろどろの感じになればオーケーです。塩・胡椒で味付けします。

 

別の容器に移します。

*ここでライム・カボス絞りを入れて酸っぱくしてもいいです。

 

 

 

次はカリフラワーを小さく切ります。

その間水を沸かします。

 

 

 

水が沸騰したら弱火にし、カリフラワーを入れていきます。

2~3分茹で、柔らかくなったことを確認します。

 

 

 

カリフラワーが茹でている間、ステーキと小腸を味付けします。

塩と胡椒で味付けします。

ジンジャーパウダーもかなり合います。

 

 

カリフラワーが茹で上がったら水を切り、ブレンダーの中にいれます。

 

 

 

 

クリームチーズを入れ、ギーも少しいれてオリーブオイルもいれます。

使用するオリーブオイルは少しフルーティなのがいいかもしれません。

ブレンドしてかなりどろどろに質感になったらオーケーです。手前で止めてもオーケーです。

 

 

次に豚肩ロースを焼きます。

一番厚いところが3/5焼けたのを確認したらひっくり返します。

 

 

 

ひっくり返すと同時に小腸も焼き始めます。

これで2~3分待ち、小腸をひっくり返したら蓋をし、1~2分待ちます。

さらに移し、盛り付けます。

 

できあがりです。

とても美味しかったです。

ほうれん草とにんにくの組み合わせは絶妙。

カリフラワーも美味しかったです。

反省点

次はライムやカボス汁でほうれん草のソースに酸味を与えたいと思いました。

カリフラワーのマッシュはオリーブオイルのせいか、少し苦かったです。なので次はフルーティなオリーブオイルで作ってみたいと思います。

盛り付けをちょっと失敗しました。次はカリフラワーの上に豚肩ロースの上にほうれん草ソースの順番できれいに盛り付けたいと思いました。

本当に美味しくて豪華なランチでした。

商品紹介

ラッセルホブス パワーブレンダー

ブレンダーを節約したいがバイタミックスのような超強いものがいい。またスープとか厚いものをブレンダーにかけられるほど強いガラスでできた容器が欲しいという方におすすめです。

商品をチェック

 

愛用している黒鉄フライパン

約2年間使っています。使用したあとのメンテナンスをしっかりすればこれは本当に寿命の長いフライパンになると思っています。

商品をチェック

GABAN グラウンド ブラックペッパー

スパイスは挽いた状態で購入する場合は量は少なめで購入することが鮮度を保つ秘訣です。

コスパとか思って大量に買うのは避けましょう。

商品をチェック

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *