糖質ゼロ倉敷ソーセージ無添加・放し飼い卵焼き/茹で・グリーンリーフ ヘルシーブランチ

低糖質ランチを紹介しているゆうです。

今日は糖質ゼロ倉敷無添加ソーセージ・放し飼い卵焼き/茹で・グリーンリーフ ヘルシーブのブランチです。

低糖質の食事を取ると1日に必要な糖分より少なめの糖分を摂取でき、体は脂肪を燃やすケトジェネシスという状態に切り替わり、脂肪が燃えやすくなります。

僕は少し厳しい1日20gで低糖質・ケトジェニックダイエットをしています。始める方は1日50gからスタートした方がいいかもしれません。

かなり脂肪を燃やすことができ、その他にも集中力が高まったり、食べたあとは眠くならなかったり、砂糖に目を向けなくなったりといろいろ健康状態がよくなっています。

倉敷ソーセージ無添加・放し飼い卵焼き/茹で・グリーンリーフのブランチ

材料:

  • 無添加ソーセージ 100g 糖分: 0.0g
  • 放し飼い卵 2個 糖分: 0.6g
  • ミックスリーフ 60g 糖分:  1.0g
  • 塩 適量
  • 胡椒 適量
  • ギー 適量
  • オリーブオイル
  • 米酢

合計糖分: 1.6g

(1.6 ÷ 20)% = 8%

1日に摂取する糖分の8%です。スーパー糖質制限です。

合計で650円くらい。

今日は岡山にある倉敷花桜ハムの無添加あらびきソーセージを使用しました。

とても素晴らしいのは会社の理念と社長の言葉。

食品に白い薬を入れることに非常に抵抗があり食品添加物を全く使用していません。子供たちにも安心して食べてもらえるれるように、卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、カニは使用してません。

着色料・添加物・保存料などなにもはいっていないソーセージで子供が安全に食べられます。

 

大分の自然で自由に育った放し飼いの鶏のスカイウォークで買いました。

 

ミックスリーフは無農薬栽培をしている佐賀県の農業法人会のものです。

作り方:

 

卵を茹でます。

約6分。

時間がきたらすぐに冷やします。

 

 

フライパンを強火で加熱し、ギーをひき、火を消したから卵を割ります。

数十秒してから火を弱火で焼きます。

 

 

 

蓋をして、上の白身が固まるのを待ちます。できたら皿に移します。

 

 

 

 

ソーセージを焼きます。

中火と弱火の間で焼きます。

 

 

 

いい焦げ茶色がついてきたらもう片面焼きます。

できたら皿に移します。

 

 

 

グリーンリーフの根元を切り、軽く洗います。

 

 

 

 

ボールの中に塩、オリーブオイル、米酢を入れてグリーンリーフと混ぜます。

混ぜたら皿に移します。

 

 

 

ゆで卵の殻をとり、さらに盛り付けます。

 

 

 

完成です。

これはすごい!

放し飼い卵、無添加ソーセージの優しい甘みとワイルドな感じが伝わってきました。

たまにはこんなシンプルなブランチもいいです。

 

商品紹介

愛用している黒鉄フライパン

約2年間使っています。使用したあとのメンテナンスをしっかりすればこれは本当に寿命の長いフライパンになると思っています。

商品をチェック

 

山のオリーバ エクストラバージンオリーブオイル

ギリシャ南部でコールドプレスしたオリーブオイル。フルーティで甘い味がサラダやスープにとてもよく合います。

商品をチェック

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *