糖尿病の原因とは【わかりやすく説明します】

糖尿病の原因を知りたいという方へ、

甘いものが好きだけど食べすぎると糖尿病になりやすいと聞いたり、健康診断で血糖値が高いので注意してくださいと言われたけど、本当に糖尿病になるの?

また、糖尿病を予防する方法って何かあれば知りたい、と考えていないでしょうか?

この記事では以下の内容を解説します。

この記事を書いている僕は低糖質の食生活を約二ヶ月経験しています。

糖分の危険についての本をたくさん読み専門性を身につけました。

また、糖尿病の先生(牧田善二先生)が書いた本「医者が教える食事術」を読み、糖尿病の原因についても詳しく知ることができ、この記事の信頼性担保につながるかと思います。

糖尿病の原因

インスリン分泌が狂う

「インスリン」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは一体なんなのか疑問に思ったことがあるかもしれません。

実はこれはすい臓から分泌されるホルモンの一つで血糖値を下げる働きを持っています。

なぜこのようなホルモンが必要なのかというと私たちが食事をすると血糖値が上昇するからです。

理由としては食事に含まれるお米やパンなどの炭水化物が糖分に分解されて体に吸収されるからです。

吸収された糖分は血液に入り、血糖値をあげてしまうのです。

牧田先生の言葉を要約しますと、

健康な人の血糖値は、空腹で80~90mg/dl前後。ごはんやパンを含んだ食事をとれば、1時間後に120くらいまで上がり、ゆっくりと下がっていく。

このような緩やかな形で血糖値が上がって下がればいいのですが私たちの身の回りの食べ物はそれを保証してくれません。

いきなり血糖値をあげるような食べ物が存在しており、またいきなり血糖値をあげるような食べ方を見ず知らずのうちにしています。

血糖値がいきなり上がるとどうなるか?

急激に上がってしまうとが慌ててインスリンをたくさん分泌します

血糖値が一気に下降して低すぎる状態になります。

このような状態を繰り返してしまうとインスリンを分泌するための脳の知覚神経が狂ってしまいインスリンの分泌量を脳が的確に判断できなくなってしまいます。

とても深刻な状況で、この状態が長く続いてしまうと糖尿病になる可能性が高まります。

血糖値スパイクが脳を狂わせる

毎朝加糖のブラックコーヒーを飲む方がいるかもしれません。

これは「血糖値スパイク」という血糖値を急激にあげる飲料です。

またスポーツ飲料も血糖値を急激にあげます。なぜなら糖分が高いからです。

さらに、健康的だといわれているスムージーや野菜ジュースも糖分がかなり高いです。

液体に含まれる糖分は瞬時に体に吸収され血糖値を上げてしまいます。

それに比べ、お米やパンなどの固体の炭水化物は分解されるのに時間がかかり、血糖値が穏やかに上昇します。

結論として、糖分をたくさん含んだ飲料(言い換えると血糖値スパイクを引き起こすもの)は糖尿病の原因になる可能性が高いです。

血糖値バランスを崩す食べ方

お米やパンなどの炭水化物は個体だからといって糖尿病につながらないとは言えません。なぜなら先に食べてしまうと血糖値を急激に上げる可能性が高いからです。

また、食事が炭水化物だけに偏った食事を取ると血糖値を急激にあげてしまう可能性も高くなります。

つまり炭水化物を先に食べてしまうのは好ましくないという状況です。

また、炭水化物を中心とした食事をとり過ぎるのも好ましくないです。現状としては炭水化物が中心となった食生活を日々送っている人が多いです。

ですから、野菜・タンパク質・炭水化物の順に食べることがオススメです。

糖尿病を予防するためには

バランスの良い食べ方を身につける

血糖値スパイクはできるだけ避けたいので糖分を多く含む飲料の摂取を控えることが大事です。

例えば朝はスムージーではなく、ヨーグルトとベリーを食べる。

加糖のコーヒーを無糖に変える、ジュースではなくお茶や水を飲む習慣をつける。

また食事をするときは野菜、たんぱく質、炭水化物の順に食べる

炭水化物の量を少なくし野菜とたんぱく質の量を増やす。

休憩時間にお菓子やスイーツを控え代わりにスルメやジャーキーを食べる。

このような工夫をすることが血糖値スパイクを防ぎ、糖尿病を予防してくれます。

血糖値測定をする

日々の食事で自分の体の血糖値がどのように変化しているのか。

それがわかるとどのように糖分摂取を注意すればいいかがわかります。

Freestyleリブレのセンサーとリーダーを使うことを牧田先生はお勧めしています。

フリースタイスリブレ(リーダー)をチェック

センサーは使い捨てのパッチで上腕部に貼り、スマホぐらいの大きさのリーダーを近づけるだけでその時の血糖値を読み取ることができます。

リーダーを近づけないでもセンサーが自動的に15分ごとに血糖値を記録してくれます。

食事を食べたときにどのように血糖値が上がったか、何を食べて血糖値が上がったか、そのようなことが明らかになります。

牧田さんが言うには、

血糖値は70から140の間にあるのが理想で、ここにおさまっていると体重は確実に落ちていきます。

ですから血糖値が140以上にならないように気をつけることが糖尿病予防につながります。

また、食べる順番により血糖値の上昇度合いや勢いの違いが明らかになるので、何を先に食べればいいかもわかってきます。

フリースタイルリブレ(センサー)をチェック

センサーは最長14日間の装着が可能なので、1ヶ月測る場合は2個購入したほうがいいかもしれません。

耐水性があるのでお風呂に入っても大丈夫そうです。

糖尿病についてたくさん情報を得る

糖尿病についていろいろ学ぶことができたのは経験をたくさん持つ専門家の正しい知識を得ることができたからです。

今回の記事を書くに当たってとても参考になったのは糖尿病の先生である牧田善二さんの「医者が教える食事術」という本です。

糖尿病予防についてより詳しく、ためになる情報がたくさん詰まっています。

本をAmazonでチェック

やはり他人から聞くだけでは本気で健康に気をつけようという動機付けになりません。

しっかり自分で知識を蓄えて、何をすれば糖尿病が予防できるか、細々とした部分まで理解できるような専門的な本があることで自信を持って対策をすることができます。

 

まとめ:糖尿病の原因は血糖値の乱れの継続であり、予防をしたければ血糖値変化を穏やかにするよう心がける

記事内のポイントをまとめると:

  • 血糖値スパイクが糖尿病になる原因の一つである
  • 血糖値の急上昇を何回も繰り返していくとインスリン分泌の神経が狂い、血糖値レベルをコントロールできなくなり糖尿病につながる
  • 糖尿病を予防するには工夫した食事の取り方を意識し、糖分の高い飲料を控える
  • 糖尿病を予防するには自分の血糖値レベルの変化について知ることが大事

糖分を多く含む液体が一番危険なのだと思います。

なぜなら血糖値を短期間で急激にあげてしまうからです。

フリースタイルリブレで血糖値の変化を見てみるとわかりやすいと思います。

とにかく自分の健康と体が摂取するものを意識し、血糖値が上がらないような食事の取り方を心がけましょう。

また、できれば糖分を控えましょう

かなり難しいかもしれないですが私たち人間は固い意志があれば必ず実現できます。

自分のため、家族のため、仲間のためと思って糖尿病予防の対策をするのもとてもいいかもしれません。

僕は自分のためだと思って低糖質ダイエットを継続的にすることができています。

 

今日はこんな感じで終わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *