痩せたい!と思った方におすすめのランチ紹介 – 豚スライス・チーズ卵スクランブル・キャベツほうれん草炒め

痩せたい方のためになる低糖質レシピを紹介しているゆうです。

ケトジェニックダイエットとも言われており、1日20g ~ 50g の糖分摂取が理想と言われています。

僕は少し厳しめの1日20gでやっていますが40gにあげようかと検討中です。

なぜかというとかなり脂肪を燃やすことができてこれ以上脂肪を燃やしても意味がないと思ったからです。はい、それほど効果があります。

卵とチーズの合わさったスクランブルと豚スライスランチ

今日はチーズを使ってみたいということでデンマーク産のクセのないマリボーというチーズを使用しました。

使用した材料

  • 豚スライス 200g 糖分: 0.2g
  • 卵 3個 糖分:0.9g
  • チーズ(マリボー) 30g 糖分: 0.5g
  • ほうれん草 3~4束 糖分: 0.2g
  • キャベツ 50g 糖分: 1.7g
  • ピーマン 小2個 糖分: 1.4g
  • 塩 適量
  • 牛脂 フライパン用

合計糖分: 4.9g

(4.9 ÷ 20)% = 24.5%

1日に摂取する糖分の24.5%です。いい感じです。

合計で600円くらい。

豚肉は人間の体に必要なカリウムなどのミネラル、さらに筋肉や血液の生成を助けるビタミンB6などのビタミンに豊富です。また、油が美味しい。

 

はミネラルとビタミンに豊富で脳や細胞膜を治したり、形成を促すコリンという成分も含んでいます。

 

チーズは熟成中にできるカゼインホスホペプチドがカルシウムの吸収を促してくれてとても効率のよいカルシウム供給源と言われています。また、熟成中にできるアミノ酸は人間の体に必要なものが多く、さらに美肌効果を持つものも含まれているそうです。

 

ほうれん草は免疫力を高めてくれるビタミンA,Eやβカロテンを多く含んでおり、食物繊維に豊富なこともあり便秘の予防や腸の排泄物をきれいに掃き出してくれる役割を持っています。

 

キャベツは胃の粘膜の再生に必要なビタミンUやKに豊富で胃腸薬としても知られております。ビタミンCにも豊かで美肌効果や健康な体に必要な抗酸化作用もあります。

 

ピーマンはミネラル・ビタミンに豊富で昔から健康に良いと言われています。もともとフランス語で「ピメント」という唐辛子の意味を持つ単語を変えてピーマンとして日本で広まったようです。

作り方:

 

まずはキャベツを千切りします。

 

 

 

 

加熱したフライパンに入れて2~3分炒めます。

この際キャベツはかき混ぜません。

少し焦げ目が見え始めたら混ぜて皿にのせます。

 

 

ほうれん草を洗い、砂を落とします。

茎と葉っぱに分けて茎を細かく切っていきます。

 

 

 

次にピーマンを細かく切っていきます。

 

 

 

 

卵を割ってよく混ぜます。白身もバラすように箸ですくって分けます。

 

 

 

 

グレーターでチーズを入れ、優しく混ぜます。

 

 

 

 

次にピーマンとほうれん草の茎の切ったものを中火で温めたフライパンに入れます。

2~3分ほど炒めます。

火を強火にして卵とチーズの混ぜ物を入れる準備をします。

 

 

卵とチーズの混ぜ物を入れます。

この時点で火を消します。

 

 

 

余分の熱で卵をスクランブルにしていきます。

うまい具合にどろどろしてきたら皿に移します。

 

 

 

次に豚のスライスを焼きます。

塩で味付けをします。

できたら皿にのせます。

 

 

先ほど炒めたキャベツとほうれん草の葉っぱを入れて豚の脂をからませます。

強火で1分ほどしてから皿に移します。

 

 

これでできあがりです。

反省点は卵スクランブルが少し水っぽかったこと、なのでもう少し長く炒めるか鉄板をより加熱してからいれようと思いました。

また、一人分だと少し多いかなと感じました。豚スライスは150gでもよかったかもしれません。

最近は胃が小さくなったのでそれに合わせないといけないと思いました。

商品紹介:

愛用している黒鉄フライパン

商品をチェック

アメリカ産のMicroplaneグレーター

商品をチェック

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *