外食ばかりで大丈夫?健康を維持できるハックを4つ紹介

毎日が忙しいから外食ばかりしてるけど健康にやばいかな?

そんな疑問を抱えたまま日々の生活を送っている方にお勧めする外食ハックを紹介した記事です。

また、健康を気にしすぎず外食を楽しむ方法も紹介します。

外食と健康を考える

答えを率直に言うと、

外食することを心配するより何を食べるかを心配するのが正しい考え方。

あなたの健康を作るのは体に入ってくる食べ物。

それは家でも居酒屋でも関係ない。

どこででも自分の体にあった健康的なものを取り入れることで健康を維持できる。

具体的に言うと、

  • 材料のわかっているものを食べる
  • 安価な居酒屋・レストランは避ける
  • 食べ過ぎに気をつける
  • 糖分を避ける

それぞれ詳しく見ていきましょう。

材料のわかっているものを食べる

調味料が多く含まれる品は基本何が入っているかわかりません

砂糖・化学調味料・保存料などたくさん体にたまると害になる可能性があります。

それより焼鳥や焼肉、刺身のように素材そのものを食べた方が目で材料を確かめることができ、安心です。

 

安価な居酒屋・レストランは避ける

安価であればあるほど使用している材料の質がよくなかったり、化学肥料を多く使って収穫された中国産の食材が多い場合があります。

できれば安すぎる居酒屋・レストランは行かない方がいいです。

 

食べ過ぎに気をつける

食べ過ぎは一般的によくありません。夜はなおさらです。

なぜなら夜から仕事をしないからです。

つまりエネルギーを消費する理由がありません。

食べすぎるとそのエネルギーは体に中性脂肪としてお腹、腰回りにたまります。

これを繰り返していくと体重は増えて生活習慣病につながります。

昔からよく言われている「腹八分目」もしくは「腹七分目」を意識しましょう。

 

糖分を避ける

食後のデザートだけでなく、お米、ビール、麺などは控えめにしましょう。

炭水化物に含まれる糖分は多く、夜に摂取すると消費できなく、脂肪になり、結果として太ります。

ですから夜はタンパク質・緑野菜を中心に食べることを心がけてください。

 

外食を楽しみながら健康を維持するためには

カロリーや糖分の計算をしてたら外食を楽しめない。

友人と飲みに行った時には健康を気にしないで体をあまやかせたい。

こんな考えは誰にでもありますよね。

提案する考え方は二つ。

  1. 1週間の合計カロリー・糖分
  2. 1日の合計カロリー・糖分

 

1週間の合計カロリー・糖分

一週間の自分の理想のカロリー・糖分を考えてみます。

そしてそれを達成するためにどこでカロリー・糖分の節約をしてどこでしないか。飲み会、友人とのお食事はカロリー・糖分の節約を考えないようなスケジュールを立てるといいかもしれません。

 

1日の合計カロリー・糖分を考える

1日に理想とするカロリー・糖分を考えてみます。

そしてそれを達成するために朝食・昼食・夕食のバランスを考えます。断食もいいかもしれません。

もしその日はだれかと夕飯を食べるといった場合、昼は控えてその分夜を多めにとる、などといった対策をとることができます。

 

結論

外食は自分の体に何を入れているかが把握できていれば問題ありません。

材料のわからない料理や安すぎる料理、また炭水化物の多い料理に気をつけ、夜は食べ過ぎないことを意識すれば健康を維持することができます。

自分が理想とするカロリー・糖分摂取を把握してそれが実現できるようにスケジュールを立てましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *