低糖質レシピ 砂ずり・鳥レバー・ピーマン・ズッキーニ・生姜炒めランチ ケトジェニックダイエット

低糖質レシピの紹介です。

今日は砂ずり・鳥レバー・豚切り落としと野菜炒めです。

低糖質ダイエットはケトジェニックダイエットとも言われており、1日20g ~ 50g の糖分摂取を目安とします。

僕は少し厳しめの1日20gでやっています。

かなり脂肪を燃やすことができてお腹周り・腰回りの脂肪がなくなっています。

また、集中力も高まり、スタミナがいままでとは比べものにならないほど上昇しています。

*あくまで個人の感想です。

砂ずり・鳥レバー・ピーマン・ズッキーニ・生姜炒めランチ

材料:

  • 砂ずり 100g 糖分: 0.1g
  • 鳥レバー 100g 糖分: 0.3g
  • 豚切り落とし 100g 糖分: 0.1g
  • ピーマン 2個 糖分: 1.4g
  • ズッキーニ 1/2 糖分: 1.5g
  • 生姜 20g 糖分: 0.9g
  • 胡椒 適量
  • ギー 適量
  • 塩 適量

合計糖分: 4.3g

(4.3 ÷ 20)% = 21.5%

1日に摂取する糖分の21.5%です

合計で500円くらい。

砂ずりは牛肉と同等の鉄分量を含み、血液中のヘモグロビンを増やし、貧血を防ぎます。また、赤血球を作る働きを持つビタミンB12にも豊富です。

 

レバーには必修アミノ酸が含まれており、抗酸化作用に優れて免疫力を高めるビタミンAや動脈硬化を防ぐビタミンB2などビタミンにも豊富です。

 

豚肉は人間の体に必要なカリウムなどのミネラル、さらに筋肉や血液の生成を助けるビタミンB6などのビタミンに豊富です。また、油が美味しい。

 

ピーマンはミネラル・ビタミンに豊富で昔から健康に良いと言われています。もともとフランス語で「ピメント」という唐辛子の意味を持つ単語を変えてピーマンとして日本で広まったようです。

 

ズッキーニには塩分を排泄する働きを持つカリウムがたくさん含まれており、血圧の調整にとても良いと言われています。また、免疫力が高まると言われているビタミンCやβカロテンも含まれている非常に優れた野菜です。

 

生姜は昔から使われてきた薬味であり血行促進作用や整腸作用などの効能を持っております。豚や鶏肉のマリネにとてもよく合います。

 

ギーはインドで昔から使用されておりバターの水分を蒸発させて作ります。ビタミンAやビタミンEに豊富で、得に注目したいのは脂肪燃焼と消化機能を助ける中鎖脂肪酸が含まれていることです。アユルベーダという古典医学書でもギーの優れた効果についての説明があるほど体にいいらしいです。

作り方:

 

まずはピーマンを縦に切っていきます。

ボールに移します。

 

 

 

次にズッキーニを縦に切ります。

ボールに移します。

 

 

 

生姜も縦に切ります。

これもボールに移します。

 

 

 

次に砂ずりを細く切っていきます。

切りにくいので気をつけてください。

切り終えたら塩胡椒で味付けします。

 

 

レバーをティーバッグの大きさ程度に切り分けます。

切り終えたら塩胡椒で味付けします。

 

 

 

フライパンを加熱し、ギーを入れ、砂ずりとレバーを入れます。

火は中火でいい焦げ茶色ができるのを待ちます。

 

 

 

裏返して2~3分弱火と中火の間で炒めていきます。

 

 

 

 

切った野菜を入れて炒めていきます。

 

 

 

 

少し乾きすぎているようでしたら水をちょっと足します。

野菜が焼けたのが確認できたら皿に移します。

 

 

 

フライパンを再度温めて豚の切り落としを焼きます。

さらに移し、盛り付けます。好みでレモン汁やカボス汁をかけてください。

 

 

完成です。

とても美味しかったです。

反省

豚は脂肪の少ないものを使いましたが今度はより多いものを使おうと思いました。

商品紹介

愛用している黒鉄フライパン

約2年間使っています。使用したあとのメンテナンスをしっかりすればこれは本当に寿命の長いフライパンになると思っています。

商品をチェック

 

GABAN グラウンド ブラックペッパー

スパイスは挽いた状態で購入する場合は量は少なめで購入することが鮮度を保つ秘訣です。

コスパとか思って大量に買うのは避けましょう。

商品をチェック

 

Pure Indian Foods 100% Ghee ギー

最近は手放せないほど気に入っています。

商品をチェック

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *