『痩せる』低糖質ケトジェニックランチ – ホタテ・スナップエンドウ・バター

痩せたい方へお届けする低糖質レシピ。

今日はホタテ・スナップエンドウのバターソースランチです。

低糖質ダイエットはケトジェニックダイエットとも言われており、1日20g ~ 50g の糖分摂取を目安とします。

僕は少し厳しめの1日20gでやっていますが40gにあげようかと検討中です。

かなり脂肪を燃やすことができてこれ以上脂肪を燃やしても意味がないと思ったからです。

それほど効果があります。

低糖質ランチ ホタテ・スナップエンドウのバターソース

必要な材料:

  • ホタテ(生食用) 85g 糖分: 0.1 ~ 0.4g
  • スナップエンドウ 5本(50g) 糖分: 4.0
  • カリフラワー 1/4 糖分: 1.8g
  • バター 大さじ2 糖分:0.0g
  • チーズ 10g 糖分: 0.3g
  • ミニトマト 5個 糖分:3.0g
  • 塩 適量
  • 胡椒 適量

合計糖分: 9.5g

(9.5 ÷ 20)% = 47.5%

1日に摂取する糖分の47.5%です。とてもいい感じです

スナップエンドウは少し甘いと感じていたのでやはり糖分が高めということであっていました。

合計で600円。

ホタテ貝にはタウリンという生活習慣病を予防するアミノ酸が含まれており、血圧の正常化・疲労回復・血液中のコレステロール値の低下などの効果があります。また、近年は制ガン作用のある糖タンパク質があることが判明されていてさらに研究が進んでいるようです。

 

スナップエンドウは栄養バランスの取れた野菜として知られており、食物繊維も豊かです。糖分は高い方なので食べ過ぎには注意が必要です。

 

チーズは熟成中にできるカゼインホスホペプチドがカルシウムの吸収を促してくれてとても効率のよいカルシウム供給源と言われています。また、熟成中にできるアミノ酸は人間の体に必要なものが多く、さらに美肌効果を持つものも含まれているそうです。

 

カリフラワーは低糖質・低カロリーでご飯の代わりのものとして注目されているだけではなく、ビタミンを多く含み免疫力を高める役割も持っています。また、不溶性食物繊維も多く含まれているため便通をよくします。

 

ミニトマトはビタミンAより高い抗酸化作用を持つリコピンが含まれており、トマト以上の栄養素が詰まっています。また、目の疲れを改善するβカロテンも含んでいるそうです。

レシピ紹介:

 

まずはスナップエンドウの筋をとります。

先端の太い部分を内側に引っ張ると筋が簡単に取れます。

外側の筋はとっていませんがとりたければとってください。

外側をとるときはヘタ側を引っ張ります。

 

筋をとったら沸騰しているお湯にいれます。お湯は塩で味付けをしておきます。

両側を90秒づつ茹で、シャキッという噛み応えを確認したら皿にうつします。

お湯はとっておきます。

 

 

次にカリフラワーを一口サイズに切ります。

 

 

 

 

茹でていきます。

2~3分くらいしたら硬さを確認します。

お湯を切り皿に載せます。

 

 

次にホタテを炒めます。

中火でフライパンを加熱しバターを入れます。

すみずみまでバターが行き渡ったらホタテを炒めていきます。ここで塩・胡椒をかけます。

 

 

片面がいい具合に茶色くなったらひっくり返し、今度は弱火で炒めます。

生食用なので中心まで火をとおしません。

もう片面にも色がついてきたら皿にうつします。

 

 

フライパンにバターを追加して先ほど茹でたスナップエンドウを切ったものを入れて強火でバターになじませます。

 

 

 

 

1分ほど炒めたら皿に移します。

バターのソースはホタテにかけます。

 

 

 

フィニッシュとしてチーズをグレーターでホタテの上にかけます。

カリフラワーともよくあいます。

 

 

完成です。

商品紹介:

愛用している黒鉄フライパン

商品をチェック

アメリカ産のMicroplaneグレーター

商品をチェック

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *