『痩せる』ケトジェニックダイエット実験 – ツナ卵納豆サラダ

ツナ卵納豆サラダのレシピ

ケトジェニックダイエットの実験をしてるゆうです。

このダイエットの特徴は糖分を最低限にまで減らすことです。

僕は一番厳しくしてるので1日に20g以内にしています。バナナ半分程度です。

びっくりされるかもしれませんが実は人間って糖分があまりなくても生きていけます。

糖分を抑えることで体は体の脂肪を燃やすケトシスという状態に入りみるみるうちに脂肪が減っていきます。

もう実際に僕は効果を得ることができています。ただ、まだ二週間程度なのでもっとやってみなさんに情報を提供していきたいと思います。

今日のお昼ご飯は納豆を中心としたサラダです。

使用した材料:

  • 有機納豆 40g 糖質: 2g
  • ツナ(シーチキン) 70g 糖質: 0.1g
  • きゅうり 半分 糖質: 1g
  • 卵 2個 糖質: 0.4g
  • 胡椒 適量
  • オリーブオイル 適量
  • 減塩醤油 適量

合計糖分: 3.5g

(3.5 ÷ 20)% = 17.5%

1日に摂取する糖分の17.5%だけです。とてもいいですね。合計で400円くらい

これは一人1食分にちょうどいいと思います。もの足りないと思ったら別の野菜を入れてもいいと思います。

納豆は血栓を溶かす効果を持っていることで知られており、その他にも腸内環境をよくしたり骨を強化することでも知られている発酵食品です。

 

ツナにはオメガ3が豊富で細胞の代謝を手助けるなど私たち人間の体に重要なものです。

 

きゅうりには抗酸化作用物質が含まれていて食物繊維にも豊富で昔から食べられてきた重要野菜です。

 

卵はミネラルとビタミンに豊富で脳や細胞膜を治したり、形成を促すコリンという成分も含んでいます。

 

レシピの紹介

まずは卵を茹でていきます。沸騰しているお湯にいれてから7 ~ 8 分待ちます。黄身が少し個体になった状態を目指します。

時間が立ったりすぐに火を消し、お湯を捨て、水で冷まします。

卵はお湯から出しても調理が進むので急冷を心がけてください。

 

 

次はきゅうりを切ります。食べやすいサイズに切ってください。

 

僕は水分をたくさん含む真ん中の種の部分を抜くことが多いです。

 

 

次にツナを入れます。油も入れてしまいます。上に胡椒をかけます。

 

油が嫌いな方はうまく取り除いてください。

 

 

納豆をたくさんかき混ぜ、ネバネバを作ったら入れます。

ついてくるタレは糖分が高い、また保存料なども入ってることがあるのでしようしません。

 

 

 

代わりに醤油を使います。

 

 

 

 

冷めた卵のからをむきます。

冷めきってないと殻が少し剥きづらいことがあります。

 

 

 

卵は食べやすい大きさに切ります。

 

ボールに入れます。

 

これで完成です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *