『痩せる』ケトジェニックダイエット実験 – スパイス鳥もも カリフラワーライス

スパイス鳥もも カリフラワーライス

ケトジェニックダイエットを実践しているゆうです。

簡単に説明すると糖分を最低限に抑えるダイエットです。1日に20g以内に制限することでエネルギーを発電する細胞内のミトコンドリアが体周りの脂肪を燃やすケトシスという状態に入ります。

脂肪は本当に減ります。まだ2~3週間しか経ってないですが効果がかなり出ていると実感しています。

今日のお昼ご飯を紹介します。スパイス好きにはたまりません。

使用した材料

  • 鳥もも肉 220g 糖分: 0g
  • カリフラワー 1/4 糖分: 1.8g
  • きゅうり 半分 糖分: 1g
  • ミニトマト 6個 糖分: 3.5g
  • オリーブオイル 適量
  • ジンジャーパウダー 適量
  • コリアンダースパイス 大さじ1
  • クローブ 1個
  • チリパウダー 適量
  • クミン 適量
  • 黒胡椒 適量
  • 塩 適量

合計糖分: 6.3g

(6.3 ÷ 20)% = 31.5%

1日に摂取する糖分の31.5%です。バランスとれていますね。

僕はトマトが糖分の低い果物だと考えています。

合計で450円。

カリフラワーは低糖質・低カロリーでご飯の代わりのものとして注目されているだけではなく、ビタミンを多く含み免疫力を高める役割も持っています。また、不溶性食物繊維も多く含まれているため便通をよくします。

 

きゅうりには抗酸化作用物質が含まれており、食物繊維にも豊富で昔から食べられてきた重要野菜です。

 

鳥肉には人間に必要なアミノ酸が多く含まれており、悪玉コレステロールの減少効果を持つ不飽和脂肪酸の含有量が牛と豚と比べてもっとも高いことで知られています。

 

ミニトマトはビタミンAより高い抗酸化作用を持つリコピンが含まれており、トマト以上の栄養素が詰まっています。また、目の疲れを改善するβカロテンも含んでいるそうです。

作り方の紹介

ホールスパイス類は砕き、粉にします。

 

 

 

 

それを鶏モモにかけ、他のスパイスもかけます。

塩もとオリーブオイルも少しかけてよくもみます。

揉んでから10分放置します。

 

 

肉をマリネしている間、カリフラワーを細かく切っていきます。

チーズ卸器を使っても大丈夫です。

 

 

 

長年愛用している黒鉄フライパンを中火で加熱し、温まったらオリーブオイルを入れます。

切ったカリフラワーを入れて炒めます。

少し茶色くなり始めたら火を弱火にして1分炒め、皿に移します。

 

次にマリネしたもも肉を焼きます。

まずは皮を下にして焼きます。中火~強火でしっかりと炒めます。

 

 

 

この間にきゅうりを食べやすい大きさに切ります。

そして皿に載せます。

 

 

 

ミニトマトも切ります。

また皿に載せます。

 

 

 

肉の皮が濃い茶色になり始めたらひっくり返し炒めていきます。

茶色くなってきたら火を弱火にし蓋をかぶせて2~3分待ちます。

ももは少し厚いので時間が多少必要です。もう一度ひっくり返し蓋を再度かぶせて2~3分待ちます。

 

皿に移して出来上がりです。

カリフラワーがご飯みたいでおもしろいです。ただ、少しカリコリ感があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *