『痩せる』ケトジェニックダイエット実験 – せせりとブロッコリー

せせりとブロッコリー

ケトジェニックダイエットをしているゆうです。

このダイエットでは糖分をものすごく減らします。

僕は一番厳しくしてるので1日に20g以内にしています。バナナ半分くらいです。

驚くかもしれませんが実は人間って糖分があまりなくても生きていけます。

糖分を抑えることで人間の体は脂肪を燃やすケトシスという状態に入って脂肪が減っていきます。

僕は実際に効果を得ることができています。ただ、まだ二週間程度なのでもっとやってみなさんに情報を提供していきたいと思います。

今日は久しぶりに夕食を食べました。脂身のあるせせりとブロッコリーの組み合わせです。

使用した材料:

  • せせり 200g 糖分: 0g
  • ブロッコリー 1/2 糖分: 0.2g
  • オリーブオイル 適量
  • 塩 適量
  • 胡椒 適量
  • ジンジャーパウダー 適量
  • ガーリックパウダー 適量

合計糖分: 0.2g

(0.2g ÷ 20g)% = 1%

1日に摂取する糖分の1%だけです。びっくりですね。合計で400円くらい。

これは一食にちょうどいいです。胃が小さくなった僕にはブロッコリーが少し多かったと感じました。

せせりは鶏の首まわりの筋肉でとれる量は少ないことで希少価値は高めのようです。脂身があることで焼きすぎることがなく、とてもジューシー、そしてかみごたえがある部位です。

 

ブロッコリーは昔から栄養素とミネラルに豊富な野菜として知られており、最近はがんを防ぐ効果もあるかもしれないという研究発表も出ている。

作り方の紹介

まず最初にせせりを軽くマリネします。塩と胡椒、そして生姜パウダーとガーリックパウダーをかけます。

よくもみます。

10分ほど置いておきます。

 

 

せせりがマリネしている間、ブロッコリーを準備します。

ブロッコリーは一口サイズに切っていきます。

その間、鍋でお湯を沸かします。

 

 

お湯が沸いたら切ったブロッコリーを入れます。

だいたい3~4分弱火で待ちます。

硬さを確認してオーケーだと思ったら火を止めて水を切ります。

 

 

次にフライパンを熱します。これは2年ほど愛用している鉄黒フライパンです。

少しオリーブオイルをたらし、せせりを投入します。

まずは片面、じっくり中火で焼き、焦げをつけます。目安は3/5が調理された状態。

 

焦げがついたらひっくり返し、焼きます。

最後は弱火で1~2分蓋を置き蒸すような感じで熱をしっかり肉に通らせます。

お皿に載せます。

 

これで完成です。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *